スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「自宅警備員をクビにされたわけですが」その4

いよいよ魔王だ!!今までたいした戦いがなかったのはスルーで(笑)





魔王「よく来たな人間」

男「もう魔王戦か、早すぎる」

女「よし、倒すぞ」

魔王「まあ待て、その前にお前達の相手はこいつだ」

敵「…」

女「え」

男「ん、何?」

女「…元、勇者…」

男「え、あの敵?」

元勇者「…」

魔王「儂の魔力で蘇生させたのじゃ…まあゾンビという状態だが…さて、お前達に元仲間を倒せるかな?」

女「うん」

魔王「え」

男「え」

元勇者「え」

女「てか今までの鬱憤晴らすため超ぼこぼこにする」

元勇者「え、躊躇なし?ぎゃー」

男「うわ、本当にぼこぼこにしてる」

魔王「え、なにあれあいつのほうが魔王っぽくない?」

男「燃やして凍らしてぼこぼこにして…どんだけストレス溜まってたんだ」

魔王「まあ、あの勇者もスク水幼女とか叫んでたしね」

男「顔だけの変態だったのか、そりゃストレス溜まるわ」

魔王「それにしてもこれは酷い…一体どこに惚れたの君?」

男「それはねって…なんで魔王知ってるの?」

魔王「いや、丸聞こえだったし」

男「まじかよ恥ずかしい死にたい穴があったら今すぐ埋めたい」

魔王「いや、最後の何かおかしい」

女「よし、すっきりした」

男「あ、もういいの?」

女「うん。じゃあ改めて魔王倒すか」

魔王「ふ、甘い…見ろ!!」

元勇者「…」

男「あれ、あいつ元気になってない?」

魔王「体を改良して回復力半端なくしてみました」

男「まじかよずるい」

魔王「さあ、どうやって倒す?」

女「二フラム」

元勇者「あーれー」

魔王「…」

男「あっさり倒しちゃったでござるの巻」

魔王「しくしく…結構苦労したのに…」

男「泣くな魔王」

女「もう倒すぞ魔王」

魔王「ふ、そう簡単にやられはしないぞ」

女「えい」

魔王「あれ、儂体消えてね?」

男「うん、消えてるな。どんどん消えていく」

魔王「こ、この儂が…そんな、馬鹿なーーー…」

男「ありがちすぎる最期の台詞だな」

女「よし」

男「てか俺必要なかったじゃん」

女「いや、魔王まだ生きてるし。ここからお前の仕事」

男「あれ、まだ生きてるの?そして俺の出番?」

女「まず剣を持って」

男「ほい」

女「その剣で私の首を斬る。以上」

男「え」

女「…」

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。