スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ、やっちゃった(笑)

はいはーい、僕ですよ、零ですよー。

さて、そろそろ夏休みの宿題終わらしたかな?(笑)

良い子ならとっくに終わらせているだろうけど(笑)



さて、追記へどうぞ。






「真性変態マスター様が猫っちゃったようです」

「にゃにゃにゃん!?(なんで私猫になってるのー!?)」

そこはどっかの道端。猫が1匹いました。

「あれ…猫?」

そこへやってきたのは真性変態マスター様の奴隷嫁、カイ(笑)

「にゃにゃにゃー!!(カイー!!半ズボン萌えるー!!)」

もう駄目だこの変態…

「にゃー(作者が言うな)」

「どうしたのかな…ノラネコなのかな…」

「にゃーん(私だよ、あなたの愛人だよ!!)」

愛人の意味わかってんのか変態?

「にゃん(煩い変態力2000の少年)」

「迷子かな…良かったら僕の所へ来る?」

「にゃんにゃー(流石カイ、優しい!!)」






「ふう…なんとか雌b…ご主人様に見つからないで部屋に入れた」

「にゃーにゃー(カイの部屋…カイの部屋…はあはあ)」

お前カイの危うい一言無視か?

「にゃー(うふふ…じっくりか・ん・さ・つ!!)」

無視かー!!!

「あまり騒がないでね。ご主人様に見つかると猫鍋にされちゃうから」

「にゃー(あー、否定できない)」

いや、しろよ。

「猫、お腹すいたでしょ。これ食べる?」

「にゃー(わーい、カイの手料理!!)」

おいおい、猫トンカツ食えるのか?

「にゃふにゃふ(うーん、相変わらずゲロ不味い…幸せ)」

とてつもない台詞言ってねえか?

「にゃ…(う…)」

ん?

「にゃふぉ!!(ぐはあ!!)」

おおお!?変態がいきなり吐血したナリ!?

「あ…毒が強すぎたかな…これじゃ駄目だね。あくまで病死に見せかけないといけないから…」

黒すぎるなカイ…

「いや、そもそも猫と人間では構造が違うから実験台にもならぬと思うぞ」

「にゃー(ヨハンたまきたー!!!)」

「しかし…お主はまだ諦めてないのでござるな…」

「いや、誰だよお前」

「拙者はヨハンでござる」

「なんだその口調?」

「仕方ないでござろう!!作者は拙者の口調とか知らぬのだから!!」

「変態から遊戯王全セット借りて見ろ」

すまん、俺ん家ビデオもDVDも見れない。

「しかし…拙者はとうにあの女狐暗殺どころか脱走も諦めたが…お主はまだ…」

「当然だ…ゼロの仇をとるまで…絶対に…」

「うむ…しかしあの動物は美味じゃったの」

「うん、最高に美味しかった」

「にゃー(あの味…忘れられない…)」

おまいら

「とにかく、あの美女という皮を被った悪魔を倒す…それが僕の生きがいなんだ!!」

「とりあえず美女という日本語の意味を573年勉強して発言しろ」

なんか俺の出番少なくなってる気が…

「さて、実験の続きだ」

「実験体が猫しかいないのは残念だが…ん?」

「あ…」

いつの間にか猫(変態)はいなかった。

「しまった…貴重な食料が…」

「く…3日ぶりの食事が…」

マテ







「にゃー(うーん…私もあの子達に色々酷いことしてたかも…ちょっと反省して優しくなろう)」

にゃーの一言でこんな意味があるんかい。

「にゃー(それでますます二人共私にメロメロ…ふひひ…)」

駄目だこいつ…早くなんとかしないt

「にゃー(じゃあそろそろ元に戻ろうかな)」

って、自分で戻れるんかい!!






そして…

「うふふー、カイー、ヨハンたまー」

「…」

「…」

「(ヨハンたま…ご主人様が異様に優しい)」

「(ああ、そうだな…異常だ…)」

「(これは絶対、罠ですよね?)」

「(間違いない。気を緩めるな。一瞬の油断が絶望への道を歩ませる)」

「(御意)」

まあ、普段酷いことしてる人が急に優しくなっても普通怪しんでしまいますよね?という話でしたとさ。

ちゃんちゃん(笑)

それでも僕は、土下座したい衝動に駆られる(汗)

それでは、また。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

おー/

おはようございます、Sy-tanです。



あぁー(笑
今回はこういうお話なんですねっ!
相変わらず面白いですっ←

嫁を下から見れるなんてなかなかないチャンスですものねー。
へそチラがより間近で……//


ヨハンたまは……某動画サイトでアニメを見るとかっ…汗
ちょっぴり天然が入っている方ですよっっ((



あ、あれ汗
私そんなに悪な人なんですねっ(苦笑
でも嫁にそんなこと出来るなら…いいかもしれませんねっっ←



ではでは、失礼します。

コメント返信

Sy-tan様
おはようございます、零お兄さんです(笑)
相変わらずテキトーです(汗)
…流石変態、レベルが違う(おい
天然ですか…真顔でボケてるヨハンたまが思い浮かびました(笑)
大丈夫です、私にかかればどんな善人も黒くなってしまいますから(笑)
プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。