スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古泉一樹の憂鬱(笑)

…ええ、そうですよ?

ハルヒシリーズ、読んだとこありませんよ?

…何故そんな人間がこんなの書くのか…

…それは…



テキトーさ☆

では、追記にて。






「古泉一樹の憂鬱(笑)」

古泉「皆死んでしまえばいいのに」

キョン「…は…?」

古泉「おや、どうしました?」

キョン「古泉…お前、今凄いこと言わなかったか?」

古泉「おやおや、あなたには僕が何と言っているように聞こえました?」

キョン「いや…皆皆死んでしまえばいいのにって…」

古泉「…ふふ、僕がそんなことを?」

キョン「ああ、すまん…やっぱりきのs」

古泉「ええ言いましたとも、思い切りね!!」

キョン「気のせいじゃなかったか…」

古泉「だってね、もうね、限界っすよ旦那」

キョン「誰が旦那だ…まあ、今部室には二人しかいないから俺のことだな…」

古泉「毎日毎日、閉鎖空間ばっかりでさ、たまに平和だぴょんと思ったら突然携帯ぶるっとですよキョン太郎君」

キョン「なんだその名前は」

古泉「こんな毎日じゃおかしくなってしまいそうでしゅよ」

キョン「もう十分可笑しい」

古泉「マッガーレってなんですか?スプーン曲げれねえよ!!」

キョン(古泉が壊れた…)

古泉「大体僕は古泉ですよ?なのになんですか、小泉とか故泉とか!!総理大臣になった覚えはねえよ!!」

キョン(どこかに良い病院ないかな…)

小泉「それに僕はノーマルですよ?なのに何故皆…俺はガチホモじゃねえってばよ!!」

キョン(今日の晩はカレーがいいな)

故泉「それにここだって…ザ・キョンの存在が僕を空気にしているし」

キョン「そんなことないだろ」

古泉「いいえ、SOS団の図なんて
    壁壁壁壁壁
  ハ壁壁壁壁壁
長 キ 壁壁壁壁壁     マッガーレ
  み壁壁壁壁壁
    壁壁壁壁壁
ですよ。てかなんだよマッガーレって」

キョン「俺取り囲まれているんかい」

古泉「このハーレム野郎」

キョン「でもお前イケメンだし…ここ以外じゃモテモテだろ?」

古泉「…っは、笑えませんね。確かによく女共が寄ってきますよ。まあイケメンの特権という奴で」

キョン(うわ、こいつ殴りてー)

古泉「でも、それだけですよ?それだけなんですよ?なんですかこのポジション?良い人優しい人止まりですよ?良い人なんだけど、彼氏にはちょっと…ってこるあ!!僕にこれ以上何求めているんじゃあ!!」

キョン(ざまあwww)

古泉「そしてあなたは…たまには私に勝たせてくれてもいいじゃないですか!!オセロも将棋もチェスも…毎日毎日負けばっかりで鬱になっちゃうよ!!」

キョン(てかもう鬱じゃね?)

古泉「というわけで、樹海行ってきます」

キョン「土産よろしくな」

古泉「…ひどす」

おしまい(笑)

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。