スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王(の娘)、学校へ行くの段

これの続きです。なんだかんだで書きました(笑)




「魔王~その後2」

マコ「じゃ、じゃあ行って来る」

優「いってらっしゃい。車に気をつけてね」

マコ「時代背景を考えろ!!この世界にそんなのはない!!」

優「はっはっは…」

マコ「…ふん…」



優「…あれから1ヶ月か…」






マコ「が、学校…だと…?」

優「そうだよ。マコちゃんはまだ学生な年齢じゃないか」

マコ「あのな…人間と同じ扱いするなよ…」

優「外見も人間っぽいし問題ないよ」

マコ「さらりと無視するな!!大体何故僕が人間などと…」

優「実は嬉しいくせに」

マコ「黙れーーー!!!」






マコ「…くそ…なんだかんだでもう1ヶ月か…」

女同級生A「あ、マコちゃんおはよう」

男同級生A「おっす、男女」

女同級生B「こら、失礼なこと言っちゃ駄目だよ」

マコ「ふん…おはよう」

男同級生B「なーなーマコ、ここの問題教えてくれよ」

マコ「またか…少しは勉強しろ」

女同級生C「ふふ…今日も人気者だねマコちゃん」

マコ「…ふん…」






マコ「今日もつまらん1日だったな」

先生「こらこら、そんなこと言うんじゃありません」

男同級生C「先生、ここどうやって解くんだー?」

先生「はいはい、そこはね…」

マコ「…」

女同級生A「マコちゃん、一緒に帰ろう」

男同級生B「よう、暇なら宿題手伝ってくれよ」

マコ「…貴様は本当に己で解決する力を身に付けよ」

男同級生B「聞こえなーい」

マコ「聞け!!」

女同級生A「ふふふ…」

マコ「…なんだ、気持ち悪い声出して」

女同級生A「別に?ふふ…」

マコ「…ふん…」

優「やあ、学校終わったかい?」

マコ「ゆ、優…何しに来た!!」

優「たまたま偶然通りかかってね」

女同級生A「あ…こ、こんにちは…」

男同級生B「…こんにちは…」

優「こんにちは。いつもマコちゃんがお世話になってるね」

マコ「こっちが世話をしているのだ」

優「ははは…じゃあ僕は用事があるから行くね。あまり遅くならないようにね」

マコ「子供扱いするな!!」

優「はいはい」

マコ「…全く…」

女同級生A「…」

マコ「…どうした?」

女同級生A「…やっぱり、マコちゃんのお兄さん格好いいな…」

マコ「あんな変なのが?悪趣味だな」

女同級生A「マコちゃんはきっといつも一緒だからわからないのよ、お兄さんの魅力が」

男同級生B「そうだな…同じ男として負けたと思うぜ…」

女同級生A「男?あんたが?」

男同級生B「なんだとこの猫かぶり女が」

マコ「やれやれ…レベルの低い喧嘩の始まりか…」

女同級生A「マコちゃんとお兄さんの喧嘩もレベル低いと思うよ?」

男同級生B「てかあれはただじゃれあっているようにしか見えないけどな」

マコ「だ、誰があんな男と…」

男同級生B「ムキに否定するから余計煽られるんだなー」

マコ「うー…」

どん

女同級生A「きゃ」

悪者A「…」

男同級生B「おいおっさん、ぶつかったら謝れよ」

悪者A「あ?…魔物と一緒にいるガキ共が何言ってやがる」

マコ「…」

悪者A「この悪魔が…さっさとこの町から消えろ」

ポカ

悪者A「イテ!!」

女同級生A「私の友達を悪く言うな!!」

悪者A「こ、このガキ…」

ドカ

悪者A「ギャン!!」

男同級生B「いい年して人を見下すことしかできないおっさんは引っ込んでろ」

悪者A「ぶ、ぶっころ…」

ドン

悪者A「がは!!」

マコ「何やってる馬鹿者達が!!逃げるぞ!!」

女同級生A「もう、相手選んで喧嘩しなさい!!」

男同級生B「お前が1番先に手を出しただろうが!!」






女同級生A「はあ、はあ…もう、走れない…」

男同級生B「はあ、この程度で…はあ、体力ないぞ」

マコ「息切れするとは情けないな」

男同級生B「お前が1番ありえん」

マコ「それにしても…全く、何故あそこで僕をかばう?何の得にもならんぞ?」

女同級生A「…」

男同級生B「…」

女同級生A「…はあ…」

男同級生B「…ふう…」

マコ「な、なんだ二人共、そのため息は!!」

男同級生B「あのな…友達助けるのに得とかそんなの関係ないだろ」

女同級生A「そうだよ、友達助けるのは当然のことだよ!!」

マコ「…」

「いい加減にしろ!!」

男同級生B「…な、なんだ…?」

女同級生A「あそこ…町長さんの家からみたい」

マコ「…?」






悪者B「あの悪魔をさっさと追い出せよ!!迷惑なんだよ!!」

悪者C「あいつのせいで俺達がどれだけ酷い目に…」

優「あんたらのほうがよっぽど迷惑だと思うけどなー」

悪者B「なんだと!!」

優「わ、聞こえてた!?」

町長「まあとにかく…あの子は何もしていません。あなた方が勝手に騒いでいるだけ…違いますか?」

悪者C「ぐ…そ、それは…」

優「あいつが魔物だろうと人間だろうと、関係ない…僕の大切な家族さ」

町長「そして、この町の大切な子供でもあります」

悪者B「ぬぬ…」

悪者C「…また、来る…」

優「…ご迷惑おかけします」

町長「何を言っておるんじゃ、迷惑だなんてとんでもない。あんたのおかげでこの町の治安も良くなっているんじゃ」

優「…人間よりも人間らしい魔物に…魔物らしい人間、か…」

町長「そんなもんじゃ…でも、それが全てじゃないだろう?」

優「ええ…だから、人間も魔物も好きなんです」

町長「ほっほっほ…」





男同級生B「な、人間とか魔物とかそんなの関係ねえよ」

女同級生A「そうだよ、私達ずっと友達だよ」

マコ「…ふん、そういうことにしておいてやろう」

男同級生B「実はすごく嬉しいんだろ、いじっぱり」

マコ「そ、そ、そんなことないぞ!!」

女同級生A「ふふふ…」

んで、続く。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。