スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理に必要なのは?

さあ、またやってきましたBASARA小説!!



ああ、BASARAファンの皆さん、その怒りの拳はコナミに向けてくだs





「お料理戦」

「おい、猿飛!!」

「ん…かすがじゃないか。珍しいな、お前から俺に話しかけるとは」

「貴様…料理はできるか?」

「料理…?まあ、簡単なものぐらいなら普通に食べれるものを作れる程度のレベルかな」

「…頼む…私に…料理を教えてくれ!!」

「…は?」

「い、以前…うっかり謙信様を殺しかけて以来、作ったことがないんだ…」

「一体どんな料理だ!?」

「うう…つい毒が盛りやすかったからつい…」

「ああ、悲しい職業癖ね…さすがくのいち」

「黙れ目立ちすぎ忍者」

「…否定できないなあ…」

「と、とにかく…今度こそ謙信様に料理を食べてもらいたくて…頼む!!」

「はあ…仕方ないな…」







「と、いうわけで、猿飛先生のお料理教室ー!!はい、拍手ー!!」

「さっさと教えろ」

「…やめよかな」

「ああ、やめないで!!」

「…じゃあ、まずは…おにぎり!!」

「おにぎりか…毒を盛るのには最適な」

「真面目に料理する気あるの?」

「ああ、つい癖が…」

「…おにぎりは危ないな…味噌汁なら」

「それも毒を入れてくれといわんばかりの料理ではないか!!」

「毒を盛ることから離れろ!!」

「無理だ!!毒を盛れないような料理を教えろ!!」

「やーめた」

「ああ、嘘です嘘です。何でもいいから教えてください!!」

「…しかし毒を盛らないつもりでもいつもの癖で気付かずに盛りそうな…」

「う…ひ、否定できない…」

「うーん…ここは一つ、もっと適した先生呼ぶかな…」







「というわけで、ご来店いただきました」

「日本語おかしくないか?そして…何故彼女を?」

「兄様の罪は、市の罪…」

「いや、一応女だから」

「…まあ、一応ね…市、どんな料理が得意?」

「…こんなのどう?呪いのワラ人形鍋とか…」

「はい、次の先生お願いしまーす」






「オラに料理を教わりたいべか?」

「まあ、いつきも一応女の部類に入るので…」

「ふん…子供に負けるはずがない…」

「むう、田舎者だからって、馬鹿にするな!!」

「いや、子供という理由で馬鹿にされてるから。で、料理得意?」

「ふ、オラは3歳の頃から料理を習っていたべよ!!」

「おお、それは凄いな!!」

「な…なん、だと…」

「見てみるがいい、オラの自慢作、イナゴの踊り食い!!」

「ああ、田舎だからゲテモノ料理ばかり出てくるのか!!」

「イナゴの踊り食い好きの皆さん、ごめんなさい…」






「…最初から、まつ大先生呼べば良かったわけね…」

「全く、役立たずな猿め…」

「やっぱり帰っていただいt」

「じょ、冗談です猿飛お兄様!!」

「いや、その呼び方は気持ち悪い…まあともかく、まつ大先生お願いします」

「ふ…料理は一つ、夫のため…」

「夫…ああ、謙信様…」

「ああ、二人共別世界に入っちゃったか…じゃあ俺は寝るかな」







「…んで…まつ大先生、どうでした?」

「…」

「…顔がわる…じゃなくて顔色が悪いっすね…」

「…さ、猿飛君…ちょっと生贄…いえ、味見してくれない?」

「…」

「…」

「…」

「…」

「ふう…こんな時のため、素敵なゲストを呼んでおきました!!」

「うおおおおおーーーーーー!!!精・進・あ・る・の・みーーー!!!」

「うむ、気合、気合じゃーーー!!!」

「うわ、暑苦しい…」

「あら、とっても逞しいじゃないですか」

「…旦那、大将…料理食べるだけでそんな気合入れなくても…」

「うおおおおおーーーーー!!!!!燃えるーーー!!!」

「馬鹿者が!!!気合が足りんぞ、佐助!!!」

「…もー、どーでもいーや…まあ、食べて」

「うおお、い・た・だ・き・ますーーー!!!」

「気合、気合じゃーーー!!!」

(うわ、よくあんな謎の物体食べれるな…)

「うおおおおーーーおかわりーーー!!!」

「気合、気合じゃーーー!!!」

「だ、旦那達…それ食べれるのか?」

「精進あるのみ!!」

「気合じゃ!!」

「答えになってない…でも、これなら上杉の旦那にも食べてもらえるんじゃないのか?」

「あ、ああ…早速謙信様の元へ…一応礼を言う…あ、ありがとう…」

「へ、素直じゃないね…」

「…おかしい…あんな料理食べて平気なわけが…」







「さて、まつ大先生も帰ったことだし、お仕事終了…って、旦那!?」

「うう…さ、佐助…料理とは、これほど恐ろしいものだったのだな…」

「幸村、気合じゃ!!」

「お館様…うう…うおおお…ばたり」

「…」

「幸村を倒すとは…なかなかの料理じゃな…」

「…まあ、いっか」






その日…上杉謙信の断末魔の声g

おしまい(笑)

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。