スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏と言えば…その1(笑)

まあ、もう夏の季節は終わっていますが(笑)

追記へどうぞ☆
「夏だ!海だ!!水着美女だ!!!ポロr…げふん、げふん、と…」

「と、いうわけで作者だ」

「桔梗です」

「…」

「…?」

「挿絵募集中です!!」

「…いきなり何?」

「セクシービキニ桔梗の絵募集中です!!!」

「自分で描け」

「俺に描けるわけないだろ!!」

「確かに…」

「ちなみに桔梗は実は泳げないという設定です。海では必死に『誰でも泳げるようになる』本を読んで…」

「どうでも良い設定説明しない」

「ん…では、海でのレポートをどうぞ」

「はい。ではまず…スイカ割りのお話を」






「ちょ、ちょっと六さん、これどういうことっすか!?」

「ん?スイカがないのでスイカ割りができなくて…代わりにアッシュ割りにした」

「ちょ、僕に拒否権ないんすか!?」

「大丈夫、お前は丈夫なMっ子だ」

「六さーん!!」

「どうしたミニッツ?」

「この刀試し切りしていい?」

「ああ、いいぞ。アッシュは討たれ強いMっ子だから」

「Mでも死ぬっす!!」

「じゃあ…」

「ちょ、まっ…」

「いいぞ、そのまま真っ直ぐだ」

「こ、来ないデー!!!」

「えーい!!」

「いやああああーーーーー!!!!!」







「以上です。文句は作者にどうぞ」

「え、アッシュってあんなキャラじゃないっけ?」

「違うと思う」

「…まあいっか。テキトーテキトー♪」

「生命保険に入っていたほうが良くない?作者」

「もう入ってる。会社負担で。受け取り人はきky」

「じゃあ次は…ビーチバレーの様子をお伝えします。私は審判やりました」

「無視か!?」






「というわけでビーチバレー大会…まずはショウとギターケンドーの二人の入場です。ちなみに武器ありです」

「バスケットボールは駄目かな…?」

「武器ありか!?ならこのギター竹刀を…」

「対する相手は…見事な主従関係、ししゃもとサトウさん」

「さあ、どうぞししゃも様」

「にゃー」

「って、ししゃもがご主人様なんですか!?」

「では、ルールを説明します」

「無視ですか!?」

「ルールは、相手を戦闘不能にしたほうの勝ちです」

「何ですかそのルール!?」

「得点制じゃないんですか?」

「サトウさん突っ込むとこ違います!!」

「さっきからうるさいショウとついでにサトウさんの質問も無視して試合開始」

「いくぜ、ギター、ケン、スペシャル☆」

「まずはギターケンドーのサーブ」

「にゃー」

「ししゃもが見事なレシーブ」

「それ、ししゃも様!!」

「サトウさんがトス」

「にゃー」

「ししゃものアタック」

チュドーーーーーン…





「ショウ、ギターケンドー戦闘不能により、ししゃもとサトウさんの勝ちです」

「生きてるかなー…まあ、どうでもいいか」

「にゃー」

「次の試合は…作者がネタ考えるのめんどいからと省略…というかもう終わり」

「作者手抜きだなー」

「にゃー」






「…作者、私のキャラ設定どうしてるの?」

「テキトーテキトー♪きゃほう☆」

「…ふう…」

「というわけで今日はこれにて一件落着!!」

「オチは?」

「…え、何か言った?」

「なしなのね」

「オチは…誰かが描いてくれることを祈る!!」

「最後まで他人本願の挿絵募集…」

おしまい♪

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー!
セクシービキニの桔梗さんに釣られました><
いいですね!ばっちこいですね!夏はそうこなきゃ!
私はどこの変態オヤジなのでしょう、すみませんー!orz
ギタケンは…その後の安否が気遣われますね…。やはり、最終兵器ししゃもは健在っと…。

コメント返信

まうぃ様
どうもー!
誰かー…セクシービキニの桔梗さんを描いt…
大丈夫です、ギタケンだから(なにが
最終兵器ししゃもは無敵です(笑)
プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。