スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開き直ればなんでもできる!!(笑)

「ウサギはさみしいと死んじゃうんだよ…僕ウサギ」
と言ったら大笑いされました…本当なのに…

なんだかんだで、ブログ開設して半年になります。は、早い…
で、半年記念のリクは…いじめでしたorz
愚妹…今度…ぶつぶつ…
もう結果載せるのめんどいです。レベル40どころか36でもS乱無理っす(涙)

そして、ポップン小説です。

夏なのに、突然思いついた。

なので、書いた。

そして、公開して後悔しよう。

覚悟ある者だけ

追記へ進むがよい…

注意事項
1:やっぱテキトー
1:キャラ出しすぎて後半はほぼ手抜き
1;自己責任で(笑)

ちなみに7月の予定
19日(土) 横浜
20日(日) 名古屋
そして8月
13~17のいずれかでオフ会または名古屋
というテキトー計画です。
「ウインターバトル」

「えー、誰が何を言おうと冬です。書いている時期が夏でもこの小説の中は冬なのです!!」



「と、いうわけで第2回、雪合戦サバイバルを始めます!実況はお馴染みタイマーです!!解説にローラさんをお招きしております!!!」

「ハニー爆破…ハニー爆破…ぶつぶつ…」

「さて、ルールはいたって簡単。各選手が持っている皿が割れたら失格!!最後まで皿を死守した選手が優勝です!!それでは出場選手の紹介!!!」


サトウさん
ポエット
ジュディ
ツララ
デイヴ
エッダ
スモーク
小次郎
ハジメ

「え?…あ、ここで新たな情報が…えーっと、小次郎は焼き鳥にされてしまったので早くも脱落です。よって残りは9名…それでは…バトルスタート!!…むしゃむしゃ…うん、焼き鳥は美味い!!!」

「うわー!!!」

「おっと、早速サトウさんが集中攻撃されています!!」

「うわ、わ、わ…」

「おっと危ない!!サトウさんピンチ!!!」

ドカ!!!

「…」

「おっと…サトウさん、ししゃもを盾にして皿を守った!!ところで雪に石詰めているけどいいんかいな?」

「爆破よー!!」

「いや、意味わからん。ちゃんと解説せい!!」

「ニャー!!!」

「あ…当然ですがししゃも怒ってます」

「わっ!!」

パリーン

「あ、ししゃもの手によりサトウさんの皿が割れた!!これでサトウさん…」

ちゅどーん!!

「…」

「…」

「…サトウさん…爆破…?」

「ふ…思った以上の威力ね」

「あんた一体何をした!?」

「ハニー爆破のための実験よ」

「それ事前に言え!!びっくりするじゃないか!!」

「いや、そんな問題じゃなくておいら達どうなるの!?」

「尊い犠牲になって、ハジメ」

「いや、何イッテンスカ!?」

「お前達の犠牲は無駄にしない」

「ひ、酷いよ!!くそ、黙ってメロンパンよこせ!!」

「ほら、メロンパン101個」

「多すぎだー!てか一気に投げるなー!!」

ぱりーん

ちゅどどーん

「はい、ハジメ脱落、と…」

「うーん…2号は少し爆破させすぎね…」







「えいえいえい!!」

「切る、キル、きーる!!」

「えいえいえい!!」

「斬る、きる、キール!!」

「おっと、こちらではポエットの連続功撃を六が刀で正確に切り刻んでいる!!」

「ふ…無駄だ…」

「うう…さ、流石六…こうなったら最終兵器…」

「ん…ポケットの中から…?」

「それいけ、ジャイアントパンダちゃん!!」

「ぱ、パンダだと!?」

ぐちゃ

「…」

「…」

「…えー…六、ジャンアントパンダに踏み潰されました」

「ちょっとジャイアントすぎちゃった、てへ」

「ちょっとどころじゃねえ!!てかそれ反則」

「えー!!」

「問答無用!爆破!!」

ちゅどどどどどーん

「威力がいつもの3倍のような気がするが…まあ気にしない。これで六とポエットが脱落。残りは…5名」






「おらおらおらおら!!!!」

「ひょいひょいひょいひょい」

「おっと、こっちはツララの怒涛の功撃をジュディが華麗なステップで避ける!!」

「く…ちょこまかと…」

「ふ、私の華麗なステップを見切れるかしら?」

ツル

「きゃ」

すってーん

「転んじゃった(笑)」

パリーン

「あ、割れちゃった(汗)」

ちゅどーん

「はい、ジュディは勝手に滑って転んで爆破しました」

「いわゆる自爆ね…結局私何もしてないじゃない」

「そしてツララの出番はもうないので強制爆破させます」

「は!?なにその横暴!!なめんじゃ…」

ちゅどーん

「はい、時間がないのでテキトーテキトー」






「スモーク…エッダを倒すのに協力しろYO」

「かまわんが…何をすればいい?」

「よし、タバコ一杯吸って周りを煙だらけにするんだYO!」

「…それだと相手もこっちも姿が見えなくなるが?」

「…」

「…」

「…役立たずおやじ!!」

ちゅどーん

「手抜きすぎだYO作者…まあいい、これでエッダと1対1か…って、アレ?」

「…」

「エッダ、どこ行くんだYO?」

「飽きた。帰る」

ちゅどーん

「…ちょ、こんなオチ嫌だYO!!!」

ちゅどーん






「…えー、というわけで…全員爆破されたので、優勝者はいません」

「ふふ…素晴らしいデータが取れたわ…これでハニーを…」

「へー、面白いことやってるのね」

「ん?」

「は、はははハ、ハニー!?」

「…」

「ハ、ハニー様…い、いつからこちらに!?」

「オープニングから」

「…」

「…」

「タイマー」

「んー、何?」

「ここから先こと誰かにチクッたら…あなたの命ないわよ?」

「んー、もうどうでもいいから話さないよー」

「そう、ありがとう。さあ、ローラ…お仕置きの時間よ!!!

「いーーーーーやーーーーーだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

おしまいっす

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ちょww

いつもどおりのカオス小説、ご馳走様でした!(笑
本当面白かったですー!
デイヴを入れてくれたことに感謝感謝!

爆破されていく人々・・・
そして季節感がない小説に美柑賞をささげたいです(何だそれ

コメント返信

美柑様
楽しんでいただけたようで幸いです。最初はデイヴとエッダ中心お話にしようと考えたのですが(冬つながりで)結局脇役に(汗)
わーい、美柑賞!!ありがとうございます!!商品は美柑さんですn

面白過ぎます零様!

おおおお!待ってましたポップン小説!

小次郎が焼き鳥に…!?
タイマー!小次郎は食用の鳥じゃないですよ!

ポエのジャイアントパンダはお馴染みですねw
やはりあのポシェットは4次元ポケットなのでは。。。(待

今回も終始笑いっぱなしでした!
もし良ければ次回にsigsigかベルを登場させてやって下さい…!

コメント返信

DJいろは殿(笑)
コメント500件記念もポップン小説です。お楽しみに☆
え、小次郎違うのですか?(笑)
前回の意識してみました(笑)
恐縮です。
う…sigsigはなんとか…でもベルはいまいちキャラがわからなくて(汗)
プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。