スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり短編は書きやすい。

どこかの誰かさんが「フィリとポエで」とか言うから…

私は同人とかあまり得意じゃないのです。キャラ100%壊すから

そして今回も壊れまくり…ファンの方は見ない方がいいかも…

作成時間…30分…即興すぎ?

てか無駄にキャラ出しすぎorz

勇気ある方は追記へどうぞ。

そういえばこの前フレディ波多江さんを見ました(ポップンでダークネス系を歌ってる人)

本当に一人で歌ってるっぽい…てかテンション高!!
「Wind&Sky」

こんにちは!!ポエットです!!

一人前の天使になるために頑張っています!!

ちなみに現在の服装はズボンスタイルです。

スカートなんかにしたらここの作者みたいな変態おやじの目が…っていけないけない、平常心平常心!!

さて、今日はフィリさんに会いたいと思います。

でもどこにいるのか全くわかりません。

こういう時は神様に聞きましょう!!

「というわけで教えてくださいMZD」

「呼び捨てかい…まあいいけどね」

「それで、フィリさんはどこにいるのですか?」

「んー…教えてもいいけど条件付き」

「条件?なんですか?」

そう尋ねると神様はどこにあったのか…えっと…フリルがいっぱいついた…いわゆるゴスロリ服?を持ってきて

「これを着てk」

「しょうがない、自力で探しますか…」

「まてまてまて!まだ話の途中だ!!これが嫌なら巫女衣装でも…」

「うーん…でもどうやって探せば…」

「無視するな!!巫女衣装ならその凹凸のない胸もぐほあ!!」

禁断の言葉を発した神は死んだ。

「お、俺は…死なん!!」

…ちっ、ゴキブリ並の生命力だ…といけない、平常心…

「くそ…いつか○○○を×××て△△△てごへら!!」

…平常心、平常心…






というわけでもうテキトーに探します。

…ハジメちゃん発見です。

「ハジメちゃん!!」

「ポエット…年上に対してちゃん付けはどうかと…」

「フィリさんの居場所知らない?」

「無視か(涙)…知らない」

「…っち、役立たず」

「ん、何か言った?」

「いえ、何も(笑)…あ、そうだ。メロンパンあるけど私いらないからあげる」

「おお、ありがとう!!」

確か賞味期限一年以上前だったけど大丈夫だよね。どうせどいつもこいつもゴキブリだから…と、いけないいけない、平常心平常心…






海です。今度は六さんを発見しました。

「六さん!」

「おう、ポエットか」

「フィリさんの居場所知りません?」

「知らんな」

「そうですか…」

「ん…どこにいるか調べてみるか」

そう言って六さんは刀を地面に刺しました。

…まさか…

そして手を離し、刀は倒れました。

「ん、あっちだな」

…こんな奴に頼った私が馬鹿だった…もう平常心なんて…






でも結局行くあてないので六さんの言った方向へ行ってみます。六さんにはお礼にジャイアントパンダ1頭(全長5M)をプレゼントしました。

「ふう…疲れた」

ずっと飛んでいると疲れます。というわけで地上に降りました。

プチ

あれ…何か踏んだようです。

「…」

あ、ジャスティスさん(全長5cm)踏んでました。まあどうでもいいから放置します。

「ふ…いいのか?俺はフィリの居場所を知っているぜ」

プチ!グリグリ…

「じゃあさっさと言うべし」

「お、俺は役割こんなのか!?」

その通り。






ジャスティスの言ったゲーセンに到着しました。

…いた!!!本当にポップンしていました。たまには役に立つなちっさいおっさん!!!

「フィリさ」

びゅおーん!!!

「…」

まさに風のごとく、フィリさんは逃げました。

「…逃がさん!!」






ものすっごい風です。それでもフィリさんを追いかけます。

うわ、岩が飛んできました。無難に破壊します。

うわ、今度はナイフ×10!適当に避けていくつか回収。

今度はいろはさんが…まあ無視。

あ、作者の音ゲー師匠、時雨が…さっき回収したナイフでトドメ刺します。






「…ということがあったんだ」

「へー、大変ですね」

おいらの名前はフィリ。風の精霊さ。

そして会話している相手はシルヴィア。森で静かに暮らしている妖精なのだ。

「全く…あいつのストーキング魂には困るよ」

「それだけ好かれているのではないですか?」

「うーん…でもおいらあまり他人と関わると怒られるからな…」

「ゲーセン行くのに?」

「う…」

痛いところを…だって楽しいんだもん!

「すきありー!!」

どっかん!!



…ついにここまでやってきたかストーカー。

シルヴィアは素早く避難し、おいらは空中に飛んで回避。てか何投げてきた?

…なんだ、作者か。

「…」

そしてストーカーと一騎打ちに…?

「…?」

でもストーカーの様子がおかしい。

「そ…そんな…」

どうしたのだろう?

「…う、浮いてる…」

「そりゃ風の精霊だから、風操って浮けるよ」

「…わ、私…フィリさんが一所懸命髪をはばたせて飛んでいるシーンを想像したのに!!」

いや、それ無理がある。

「ひ、酷い…乙女心をもて遊んで!!!」

「まてまてまて、なんだそんな理不尽な怒りうぎゃー!!!」

ちょ、ちょっと…こんなオチいやだよー(涙)

…おしまいorz

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

笑いが……止まらなかった(((

自分はキャラ全員変態ギャグ逆ハーとかしか書けない人間なんで……(キモい

ポエにゴスロリ……
神様GJΣd(゚∀゚) (こら

ちっさいおっさんが出てきたところで盛大に紅茶を……噴いてません←
紅茶はさっき飲んでましたがもうのみ終わりました!

30分で小説書けちゃう零さんその才能をくだs(蹴

No title

自分もやってみればヒップロックEXはできないと思います。
おばさんも無理そう…ラストが一番嫌いなんです
HID+SUDとかその時点で神です。かみさま!←
最近はヒドゥンをつけたりと何かと色々やってますが
流石にそれはできません。年です。(

No title

六を出してくださってありがとうござ(殴
ポエットのキャラが素敵ですね!黒いww
いつかゴスロリなポエット拝んでみたいです←

フィリ頑張れ・・・((笑

うおっ

またまた素敵小説キタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!
ちょwwMZDが凄く変態です零様ww

ハジメちゃんが哀れすぎる。゚(゚´Д`゚)゚。
ポエットが黒いww黒いぜwwだけどそんなところが零様の小説の面白いところですっw

また書いてほしいですっ♪

No title

ああああ!フィリポエ小説ありがとうございます!!

よめポエが黒いですね・・・
このポエは天使じゃないです!きっと堕天使でs(

そしてポエはなぜジャイアントパンダなんて持っていたのでしょう・・
あのバッグは四次元ポケットと同じなのでしょうか(マテ

そしてジャスティスちっさい!5cmって人じゃないですねww

ツッコミどころ満載で面白かったです^^
よろしければ後でブログに載せてもいいでしょうか?

コメント返信

泡沫弥琴様
笑っていただけて嬉しいです!
盛大に紅茶噴出してくれたら良かったのに(笑)
まさにテキとー精神で書いたものなので…あまり真似しないほうが(汗)

なか様
あなたがおばさんなら俺はどれだけorz
努力すればいつかできると信じて、今日もスクリーンEXにチャレンジして(マテ
HID+SUDは慣れたら以外といけるかもしれませんよ。

くれは様
あんな六を出してすいません。
ゴスロリポエット…そこはいろはさんに頼んで(コラ
フィリ…ファイトです(笑)

美柑様
MZD変態にしてみました(笑)いつかMZDファンから刺されそう(恐)
ハジメちゃん…私の中ではあんな扱いが普通かなと(笑)
今度は泡沫お嬢からの罰ゲームで書くことにorz

いろは様
…こんなんで良かったですかね…?
思いっ切りポエを黒くしてみました(笑)
ジャイアントパンダは永遠の謎ということで(笑)
ジャスティスは…何かちっさいイメージがあったもので(笑)
突っ込まれる覚悟で書きました(笑)
どうぞどうぞ!!載せていただけたらすごく嬉しいです!!!
プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。