スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇と光」 第五章-4

そして現在。ナティアを中心に。
「…うう…」

私は涙を流していました。

「だああ!泣くな!!」

「だ、だって…師匠、可哀想すぎます…」

「…巨大な力を持ちすぎた罰だ」

「そんなことないです!だって師匠は…」

「うるさい!この話は終わりだ!!」

「師匠…」

「で、気になるのは…マクベスって奴は死んだんだよな?」

ハウトさんが口を開きます。

「じゃあ俺が負けたのは…誰だ?」

「マクベスだ。間違いない」

「…生きていた?」

「いや、違うなアズリア。恐らく…蘇生させた。そうだろラル」

「ああ」

「そ、そんなこと…」

ありえません。

失った命を甦らすことなど、不可能なはずです。それはつまり…

「お嬢は禁術に手を出してしまった」

禁術…これも魔族の力を利用した方法です。違うのは契約するのではなく、魔族を倒す点です。

「だが禁術でも完全に…いや、禁術だからこそ生き返らなかった。そうだろ?」

「その通り、マクベスはただの機械のようなものだ」

「じゃあ何で俺生きているんだろ?機械なら命令に忠実じゃないの?」

確かに…サキさんはハウトさんを殺すように命令したはずです。でもハウトさんは生きています。

「完全に生き返ろうとしている。今なら普通に会話もできるかもしれん」

「馬鹿な…一体どうやって!?」

タータさんが尋ねました。

「人間の負の感情と魔力で、だ」

「なるほど…だからこの町を襲ったり、お前を殺そうとしているのか?」

「前者はそうだろう。だが後者は違うだろうな…きっと、復讐さ」

「師匠…」

「…とにかく、そんなことは阻止する…そうだろ?」

タータさんが尋ねます。

「ああ。たとえ成功しても…結末は絶望しかない」

そう答えた師匠の目はどこか悲しい瞳をしていました。

「そうだな。自然の摂理に反してはいけないね」

ハウトさんも応えました。

「…うん」

アズリアさんも力強く頷きました。

「そうですね…カインさんもマクベスさんも、サキさんも助けましょう!!」

だから、私も気合を入れました。

「私はこの町を守らねばならない…すまないが、頼む」

「まかされた、タータ。結構は明日だ。各自準備を怠るな」

そう言って師匠は部屋を出ました。

「…師匠の強さは魔王の力だったのですね」

「魔王は消滅しているからあいつから魔の気配を感じないわけだ」

「…でも…」

「そんな力を使っていたなら…」

「…?どういうことですかハウトさん」

「ん…あー、つまり…」

「つまり」

歯切れの悪いハウトさんに変わって

「魔王の力を使い続けたラルの体はボロボロのはず」

タータさんが

「恐らラルはもう永く生きられないだろう」

そう、告げました。

続く

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。