スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇と光」 第二章-あとがき

第二章のあとがきです。例により、ネタバレありです。
第二章は第一章の終わりの次の日です。お話繋がってますので第一章から順番に見ないとわからないと思います。

今回はタータから貴族の護衛の依頼を受けます。

で、この貴族が嫌な奴で…しかも裏で悪いこといっぱいやっている設定です。

敵はごろつき達と貴族に恨みを持つ少女です。

ごろつき達は完全雑魚です。問題は少女です。

少女は魔族を契約をして、人外な力を身につけました。

魔族は魔物と違います。魔物は言葉を喋らない、魔族は喋る。これぐらいの差ですが、そこが大きいのです。

魔族が人間に力を貸すのは、ただの暇つぶしということが大きいのです。

魔族と契約した人間の末路、どれも悲惨です。

ラルはそれでも少女を助けようとしました。そして…

ここからは本編のほう見てください。

そして最後に注目の?人物が…そしてごろつき達は…

まだまだ話は続きます。どうかお付き合いの程、よろしくお願いします。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

凄いです!

うひゃああ!!!
どんどん謎が深まっていきますね・・・!
師匠・・・ラルは、魔族と契約でもしてるんですかね・・・?(゚Д゚;)
色々考えちゃいますっ。

第3章、楽しみにしていますw

No title

師匠優しいですね・・・!
今回シリアスでしたよ!面白かったです^^

次の章あたりでラブコメがくるかな・・・?←

No title

読みました。
悪魔との契約は結局身を滅ぼしますね;
私のとこも悪魔契約系ですが;;
哀しい少女の姿に涙です。


コメント返信

美柑様
ありがとうございます!ぶっちゃけ謎は謎のまま終わってしまうかも…いえ、きっと書きます!…多分(マテ

いろは様
優しいんですよ、うちのラル君は!野菜食べないけど(笑)
…えーっと…実は第三章書き終えていますが…ラブコメ要素全くありませんorz多分第四章の後半辺りにちょこっとだけ(汗)

銀蛇様
皆さんにはどんなに苦しくても悲しくても間違った導きに惑わされない強さを持って欲しいです。
(自分で言うのもなんですが)あの腐った貴族より哀しい少女を助けたかったです。汚い言葉すいません。

No title

3章-1まで一気に読みました~。
ちょっと意外な展開ですね。
師匠の秘密がこれから明らかになっていきそうでどきどきですv
次の章もシリアス展開になると予想します(笑)

コメント返信

しの様
どうもありがとうございます。
もう即興でぱぱっと書いているので読者の裏をかくということは全く考えていません(笑)皆さんこの後の展開とか読めてるかもしれませんね。
えーっと…正解です(笑)コメディな部分が作れませんorzラブコメはどこいったのでしょう?(作者はお前だろう)
プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。