スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇と光」 第二章-3

さて…バトルシーン期待しないでくださいね(笑)
「く…なんだ、こいつら」

謎の化け物がどこからともなく次々と現れている。ハウトとナティアは一匹一匹確実に倒しているが、その数が減る様子はない。

「あの子が…生み出しているのでは…?」

「馬鹿な、そんな芸当、人間ができるわけ…いや、待てよ…」

ナティアの言葉を否定しようとしたハウトだが、何か思い当たるのか考えている。

「…聞いたことある…まさか…魔族との契約を?」

「契約?」

「魔族が人間に力を貸すことがある。それを契約と呼んでいる。主に今の子みたいに復讐心がある奴によく話を持ちかけると聞く」

「…契約したら、どうなるんですか?」

「わからない、が…」

「…が?」

「契約を結んだ人間の最後は…絶望だそうだ」






「…ぐ…」

ラルの体はボロボロだった。

「…どうして?」

対して、少女の体は全くの無傷だった。

「…そのままだと、死ぬよ…どうして、戦わないの?」

「言ったはずだ…戦う気はない、と…」

「…」

少女が衝撃波は放つ。

「ぐ…」

ラルはなんとか耐えるが、その足元はおぼつかない。

「わかわない…あなたが、何をしたいのか」

「…助けたい、ただそれだけだ」

「…」

少女はさっきより強力な衝撃波を放った。

「ぐあ…」

今度は耐え切れず、ラルは地に倒れこむ

「…」

それでも、ラルは何度も立ち上がる。

「あんなクズを…助けたい?私達を…皆を、さんざん苦しめたあいつを?」

「…違うな…」

一歩、ラルは少女に近づく。

「…どういうこと?」

「俺が助けたいのは…お前だ…」

「…私?」

「そうだ…」

また一歩、ラルは少女に近づく。

「だったら邪魔しないでよ。あいつを殺せば、私は救われるのよ」

「…違うな」

「違わない!」

「違う!!そんなもので救われない!!」

「…!!」

一歩一歩、確実にラルは少女に近づいた。

「あの馬鹿を殺して…何になる?何が残る?」

「そ…それは…」

「そんなことを…お前や…仲間が…望んでいるのか?」

「そ…れ、は…」

「言ったはずだ…復讐なんて…馬鹿らしいと」

「あ…」

いつの間にか、ラルは少女の真近くにいた。

「苦しかったんだろ…つらかったんだろ…」

「あ…あ…」

ラルは、少女を抱きしめていた。

「もう、いいんだ…思い切り、泣けばいい」

「あ…わ…私…」

「俺は…お前を助けたい」

「あ…あ…あ…うわあああああ!!!」

何かに解き放たれるかのように、少女は泣いた。

「あああああ!!!」

少女は泣き続けた。ラルは黙って少女を抱きしめていた。

「ごめんなさい、ごめんなさい…」

「いいんだ…お前は今まで、頑張ったんだ…」

「…でも、私は…もう…」

「…ツマラン」

ラルでもない、少女でもない第三の声が響いた。

「あ…」

そして、少女の体が崩れ落ちた。ラルは黙って見ていることしかできなかった。

「…貴様が、この娘に契約させた本人か」

「いかにも」

少女の体から、魔物が一匹姿を現した。

「全く、つまらんことをしてくれた…この娘の絶望が楽しめなくなったではないか」

「…」

ラルは魔物を無視して少女に語りかける。

「…すまない」

「…どうして、謝るの?」

「俺は…お前を救えなかった」

「そんなこと、ない…あなたは…私を、助けてくれた…」

「…」

「こんなことになったのは…私が弱かったから…私の、罰…」

「…娘…」

「…ごめんなさい…ありが、とう…」

その言葉を最後に、少女の体は影も形もなくなった。

「…魔族と契約した人間は、骨を残すことすら許されない…人間としての死を、許されない…」

「ふん…また新しいおもちゃを探さないといけないではないか」

「…おもちゃ、だと…?」

ラルはゆっくりと立ち上がった。

「所詮人間など、我ら魔族の暇つぶしの道具でしかないのだよ」

「…そうか」

「お前はつまらない。さっさと殺して…?」

魔族の言葉は中途で切れた。

「…な…」

変わりに、戸惑いの声を漏らした。

「…貴様は、救えないな」

「な、な…お、お前は…」

魔族は怯えていた。

「…貴様は、死を持って世界に懺悔しろ」

ラルの異様な姿に

続く

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

零

Author:零
読み方:「ぜろ」

リンクはご自由にどうぞ。コメントとかで残していただいたら遊びにいくかもしれません。(ただし、アダルト関係などは除く)

コメントはできるだけ返事するよう努力します。コメント返信はコメントのあった場所にします。

荒らしや宣伝行為などは遠慮なく削除いたしますのでご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

世界次元管理日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。